ついこないだ2018年になったのにもう一月も終わりに差しかかっています。

皆様は年初に今年の目標など建てましたでしょうか。

ちなみに私は、おみくじが「凶」だったのもあり「健康に何事もなく過ごしたい」というのが目標です。

といいますか、、、願望です笑

 

今回は、新しく新居に住まわれた時「この状態が続けばいいのに!」と誰もが思うことをピックアップして

その状態を維持する方法を室内のエリア別にご紹介致していきたいと思います。

 

【キッチン回り】

ご飯を作る場所ですし、特にカビや水垢には注意したいですよね。

キッチンをさらに分解して掃除方法をご紹介します。

 

・シンク

カルキや水垢は酸性の物質に出会うと溶ける性質があります。

酢を薄めたものをスプレーにしてかけたり、スポンジに含んで軽くこするでもOK。

最後に水で流せばピカピカに蘇りますよ。

※レモンの切れ端や、みかんの皮の内側の白い部分でこすってみても汚れは落ちるそうです。

 

・シンク下収納スペース

ここが一番ジメジメスポットですね。

ジメジメ解消法としては、いくつかありますので、試してみてください。

1、たまに開けっ放しにしておく
2、乾燥材をいれておく
3、古新聞をしいておく

これをするとだいぶジメジメが解消され、カビの発生を抑えることができます。

お試しください。

 

・コンロ、グリル

温かみが少し残っている状態のうちに水拭きしておくといつもきれいな状態を維持できますが…

まぁ先にご飯食べたいですよね笑

ということで、汚れがたまってしまっている状態には重曹ペーストがオススメです。

塗ってしばらく置くと汚れがゆるんで落としやすくなります。(重曹4+水1くらいで練るとできます。)

仕上げは濡らして絞ったふきんでしっかり拭き取ればOKです。

重曹ペーストが残っていると白い結晶が浮き出してきますのでご注意!

 

ちなみにですが、グリルの受け皿に少し湿った状態の珈琲のカスを入れて2分ほど加熱すると

気になる臭いも取れたりします。

 

・換気扇

特に油汚れがひどい換気扇。頻繁に掃除できない場所でもあると思います。

そんな時は、やっぱり「重曹ペースト」の登場です。

換気扇に重曹パックをしてあげ、少し時間をおいてから歯ブラシなどで擦ってあげると汚れが落ちていきます。

 

・小ネタ

料理の際、お米のとぎ汁がでることが多いと思います。

この「とぎ汁」で実は、フローリングに艶出しが可能らしいんです。

試したことがないので、効果のほどはわかりませんが、、、

 

とはいえ床を新築のまま綺麗な状態に長く保つのであらば、

家具も荷物も何もない一番初めに予防を施すのがオススメです。

新居日和では、そんな方の為に「フロアコーティング」のお店をご紹介しています。

本誌をご希望の方は、問い合わせフォームからご連絡頂ければご自宅にお送り致します。

気になった専門店には無料資料請求・見積相談もカンタンにできますので、ぜひお試ししてください。

・まとめ

キッチン回りの掃除方法をご紹介いたしましたが、

何はともあれ、、、「重曹」ってすごいですよね。

ひとつあるだけで水回りの掃除には大活躍すると思います。

年末年始に大掃除でキレイにしきれなかった部分もこの重曹でキレイにしてみてください。

 

次回はその他の室内の掃除法をご紹介してまいります。

永く住むマイホームどうせならキレイに保って気持ちよく生活してみてはいかがでしょうか!

インテリアや・家具も大事ですが、良いものはお手入れをかかさずキレイに使用していきましょう。