こんにちは、編集部の若田部です。

 

今回は私が実践している、お部屋でのリフレッシュ術をご紹介いたします。

結論から言いますと・・・玄関にお花を飾ること・・・なんです!

 

以前から、私の祖母の家には玄関にお花が置いてあります。

小さい頃はなんとなく眺めていただけでしたが、祖母の家を思い出す時いつも心がほっこりし、洗練された華やかさが浮かぶのは、玄関に置いてあるお花の印象が強いのではないかと思いました。

そこで私も祖母に倣い、自宅の(なんとなく薄暗い感じの)玄関にお花を飾り、玄関も癒しの場になればいいなと試みました。(※実践し始めた当時の動機はここまで確たるものではありませんが・・)

 

玄関の広さ上、大きな花瓶は置きたくないなと思い、私が購入したのはこのような小さな花瓶です。

飾るのは、お花屋さんで買ったお花にはじまり、公園に落ちている葉、松ぼっくり、折り紙など、季節に合わせて何でもセレクトします。

(アレンジはまだまだ初心者のため、思うところはあるかと思いますが温かい目でご覧くださいませ!!)

お花屋さんに聞いて、長くもつ種類や、相性の良い色合いを教えてもらいます。

長持ちするよう、茎を切る場合は水中で斜めに切ります。元々短く切って花瓶に入れていますが、水切りはなるべく毎日こまめに行うようにします。

↑近所の公園に落ちていた小さな松ぼっくりを2つ失敬して飾ってみました。

↑ご飯を食べるときに玄関から持ってきた写真です。鮮やかな黄色は食卓に彩りを与えてくれますね。夏らしくて最高!

↑お正月はお花ではなく、折り紙の屏風と、水引を作りましたた。。。笑

 

以上、こんな感じで気が向いた時に飾ったりしています。

お花を飾ると玄関が明るい印象なりますし、帰宅したときは自然な香りに癒されます。

私は仕事・プライベート共に忙しい時こそ飾ることが多いかもしれません。玄関や部屋が綺麗だと、安心できるのでしょうか…。

 

みなさんもご自身のリフレッシュ方法や休息の方法はお持ちかと思いますが、

気軽にできるこんな方法も、ぜひ試してみてください。

 

それでは素敵な新居ライフを。

 

若田部

 


『新居日和』に掲載のオザキフラワーパーク グリーンブリーズ(練馬)では

外構工事に合わせてガーデニングのご提案もしています。

スタッフは全員女性。女性ならではの繊細なご提案と、温かみある手描きのスケッチはお客様から好評のようです!

東京(練馬)付近で外構工事・ガーデンニングをお考えの方は、ぜひご相談してみてくださいね。